品質プロセス

Berkshire ensures delivery of the highest quality and most consistent products through constant focus and improvement.

バークシャーは、工程管理に常に重点を置いて改善することで、一貫した高品質の製品を提供しています。

是正・予防措置(CAPA)システム

バークシャーは、以下のような工程管理の方法と原則を常に遵守し、改善することに努めています。

  • バークシャーのプロセスに原料供給を垂直統合
  • 専用加工装置
  • 工程管理計画
  • 原料の仕様
  • 受入検査に伴うサプライヤーの試験
  • 変更管理のマネジメント
  • 偏位管理におけるクローズドループ是正措置

工程能力

工程能力とは、特に製品パラメーターの仕様限界という観点から、顧客要求に対する製造工程の反復性と一貫性を指します。 この基準は、工程が要件を満たしているかどうかの度合いを客観的に定量化するために使用されます。

バークシャーは、以下のような工程管理の手法と原則に常に重点を置いて改善することで、安定した高品質の製品を提供することを確実にしています。

すべての不可欠なパラメーターに対してCpk>1.33という目標を設定した工程能力の測定と分析

工程FMEA

FMEAは、故障の根本的原因を分析するとともに、故障の重要度、影響、または予防策の有効性を評価する構造的手法を提供します。 このプロセスの最終的な目的は、潜在的な故障モードによる影響を予防、発見、または、軽減するための行動計画を策定することにあります。

バークシャーは、設計および製造に関する工程FMEAに常に重点を置いて改善することで、安定した高品質の製品の提供を確実にしています。

統計的工程管理(SPC)

バークシャーは、工程が適正な限界内で稼動されているかどうか判断するために統計的工程管理(SPC)を採用しています。 また、できる限り安定した高品質の製品の提供を確実にするため、統計手法を用いて工程および製品の品質を監視しています。

当社で統計的に作られた管理限界は、重要工程入力に関して、リアルタイムの分析、監視、および、警告に不可欠なパラメーターを提供します。 社内の計測手法によって、重要工程パラメーターと製品特性を測定および検査することが可能になります。 その後、統計分析により傾向の見直し、継続的改善のバリデーションを行います。