ワイパーの試験方法

IC-Vert

バークシャーは、コンタミネーション・コントロールの専門家が最重要であると確認したワイパーの特性を試験しています。 当社が採用している試験方法は、製品開発と品質保証にとって不可欠です。 すべての試験方法は、IEST(Institute of Environmental Sciences and Technology:米国環境科学技術研究所)規格「IEST-RP-CC004.3: Evaluating Wiping Materials Used in Cleanrooms and Other Controlled Environments(IEST-RP-CC004.3:クリーンルームと他の高清浄度が求められる環境で使用されるワイパー素材の評価)」に基づいています。

ワイパーの試験方法は以下のとおりです

発塵、脱落繊維に関する試験

脱落繊維:2軸撹拌機を使ってワイパーを超純水中で5分間撹拌します。 水中に放出された脱落繊維をフィルターで濾過し、繊維数を顕微鏡で測定します。 結果は、ワイパー1平方センチメートル当たりの100μm以上の繊維数で示されます。 [IEST-RP-CC004.3, Section6.2.2.2]

液中発塵:2軸撹拌機を使ってワイパーを超純水中で5分間撹拌し、水中に放出された発塵を液中発塵カウンターで測定します。 放出された合計発塵数をワイパーの面積で除算します。結果は、ワイパー1平方センチメートル当たりの0.5μm以上の発塵数で示されます。 [IEST-RP-CC004.3, Section6.1.3]

気中発塵 / タンブラー法:高清浄度の状態で回転するドラム内にワイパー10枚を投入して回転させ、ワイパーから放出された発塵数を気中発塵カウンターで測定します。結果は、抽出された気中の1平方フィート当たりの発塵数で示されます。 [IEST-RP-CC003.4 SectionB2.5]

Biaxial-Shaker1

吸水性に関する試験

吸水量:サンプルのワイパーに可能な限りの量の液体を十分に染み込ませます。 1分後にワイパーの重量を測定します。結果は、1平方メートル当たりの吸水量(単位:ml/m2)で表します。 [IEST-RP-CC004.3, Section8.1- modified]

吸水効率:この数値は、ワイパーの吸水効率を示します。 結果は、ワイパー1グラム当たりの吸水量(単位:ml/g)で示されます。 [EST-RP-CC004.3, Section8.1- modified]

吸水速度:この試験では、ワイパーが液体を吸収するのに要する時間を測定します。 結果は、秒数で示されます。 [IEST-RP-CC004.3, Section8.1- modified]

不揮発性残留物に関する試験

不揮発性残留物:純水とIPA(イソプロピルアルコール)を使用して不揮発性残留物のデータを収集しています。結果は、ワイパー1平方メートル当たりの溶出物(単位:グラム)で示されます。この値は、ワイパーの相対的な清浄度として有用な目安となります。 [IEST-RP-CC004.3,Section7.1.2]

金属イオン:超純水にに溶出したイオンを、イオンクロマトグラフィを使用して分析します。 結果は、ppmで示されます。 [IEST-RP-CC004.3, Section7.2.2]